トータルサポート 株式会社こだま

三重県・愛知県・岐阜県のリフォーム外壁塗装などのハウスメンテナンスのことなら株式会社こだまへ。

フリーダイアル0120-46-0171 営業時間/8:00~17:00
株式会社こだま

和らぎ(発泡ウレタン)吹付け施工

住まいの断熱材は和らぎ!

冬は住まいの断熱機能を特に体感できる季節です。何をしても部屋が温まらない気がしたり、極端に寒い部屋があるというお住まいは、断熱について対策を考える必要があります。日本の建築は高湿度な風土に合わせて断熱対策<湿気対策で発展していることもあり、建設された年代によっては断熱基準が充分でない場合もあります。こだまが提案する断熱対策は、一般的な断熱材よりも気密性が高い断熱材を使用し、断熱材が持つ性能を最大限引き出す施工を住まいに合わせて追求しています。

断熱材の性能と接合部の環境について

断熱材はすき間が天敵

はめ込む式の断熱材は隙間ができる

はめこむ断熱材は躯体部と断熱材にどうしてもすき間ができてしまう。すき間があると空気が移動し、熱が逃げることによるすき間風が発生するので、室内の冷えや部屋によって温度変化が起こる原因に
熱が逃げる!すきま風が発生!

吹付けタイプの断熱材は、直接躯体部い密着させて断熱層を形成するためすき間なし

ウレタン吹付け断熱材は隙間なし

空気の移動をさせず、室内を一定の温度に保つことができます。空気の移動がないのでエアコンなども効率よく稼働します。
外気を遮断し室温を保ちます

断熱材の本領発揮

断熱材は、躯体部との接着環境を高めることでその性能を最大限発揮できるため、こだまの断熱対策はすき間ができてしまうはめ込むタイプの断熱材ではなく、吹付けタイプの断熱材を採用しています。

気密性が高い断熱材和らぎ

「和らぎ」とはこだまで使用している発泡ウレタンフォームの名称です。「和らぎ」はノンフロンで難燃性。ホルムアルデヒドなどのシックハウスの原因になる室内汚染物質を含まないもので、人にも環境にもやさしい断熱材です。床下収納庫や屋根裏の点検口などから機材を入れ発泡ウレタンフォーム「和らぎ」を吹付けていきます。「和らぎ」の吹付け場所は一般的な断熱施工とは異なる床下と屋根裏を対象としています。これは、床下の断熱機能の状態が室内の底冷えに関係することと、屋根裏の空間にあるたくさんの空気を冷やしてしまうと冷気が室内へ下がってきてしまい、それぞれ直接体感として住み心地を左右するためです。「和らぎ」は、お住まいに合わせて床下や屋根裏など必要最低限の場所に施工ができる断熱材です。

発泡ウレタン吹付け施工の嬉しい7つのメリット

断熱

吹き付けると瞬時に発砲効果して継ぎ目や隙間のない 断熱 層が形成されます。

保温

躯体部に密着するため室内の気密性を高め温度損失を防ぎます。

結露防止

躯体面と 断熱 層との間に隙間が生じないので内部結露現象は起こりません。

耐水性

発泡ウレタンフォームは独立気泡構造であるため水や水蒸気を通しません。

耐老性

直射日光や、雨風にあたらない室内なので風化の心配もありません。

防音

発泡ウレタン層が音を吸収し防音効果を発揮します。

床板保護

躯体部に密着して覆うので湿気などから床板を保護します。

家の使い方で施工場所を選ぶ

冷暖房のある部屋・リフォームした部屋などに効果的!

「和らぎ」は部分的な施工も可能です。湿気を招く北側、結露がひどい南側、床フロアー上下、トイレ、押し入れ、基礎の土間コンクリート、外壁の裏面、設備排管の気密や断熱根太のすき間、壁や床パネルのジョイント部、屋根裏など、部屋を指定し施工するもよし、1ヶ所ずつ毎年計画的に施工していくもよし。お住まいの状況や予算でご相談いただけます。

ビフォー
床下の和らぎ吹付け施工
硬質ウレタン吹き付け施工作業風景
床下での吹付け作業
アフター
屋根裏の吹付け施工

こだまの断熱対策和らぎ施工はダブルで安心

「和らぎ」は施工前に、躯体部の強度低下を防ぐため防カビ処理が工事内容に含まれています。吹付ける躯体部にカビを繁殖させないための薬剤を散布し、乾燥期間を確保してから吹付けるため劣化を予防します。施工後は10年間の工事保証書を発行し、保証期間中はアフターサービスが受けられます。施工前と施工後でダブルで安心していただけます。

保証書と一緒に施工写真なども同封したファイルをお渡ししますので、大切に保管してください。

こだまの発泡ウレタン吹付け施工は防カビ処理がついて

1坪 35,000円(税抜き)から

※床下の作業は空気循環の無い狭い空間の施工となり、床下の温度や作業の際に発生するガスが停滞するなどの関係で4月〜10月は施工をご容赦いただいております。

発泡ウレタン吹付け施工のお申込み/お問い合わせ